卵子 老化 元気 サプリメント おすすめ

ミネラルES46 / ゲンナイ製薬


卵子を元気にする。
老化により弱まった卵子を元気にするには
ミトコンドリアを活性化させること。
細胞機能の向上をサポートする「ミネラルES46」。

 

 

 

 

 

 

 


夫婦で一緒に準備する。

 


 

 

 

 

 


妊娠を望む女性は卵子のことをもっと知っておくことが必要ですね。卵子の生産量は30歳を過ぎていくと減っていくのが一般的です。35歳以上になると妊娠率の低下だけでなく、流産率も高くなってきます。この原因は卵子の染色体異常や受精後の胚発育の悪化によって起こると考えられています。このメカニズムも解明されておらず、予防方法もないといわれています。つまり、30代を過ぎると卵子の質の低下が主な原因なのです。年齢が高くなれば卵子の老化によって妊娠するまでに時間がかかります。
卵子の質を良くするにはどうすればよいのでしょうか。妊娠の確率を高めるためには、卵巣に残された卵子をどれだけ大切に維持するかが重要です。質の良い卵子を育てるためには必ず必要な5大栄養素があり、バランス良く摂取されていなければなりません。。たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルです。この一つでも不足すると、卵子の発育が阻害されます。すでに研究では卵胞液中の栄養成分の組成が、発育する卵胞数の質に影響することが分かっています。

 

ミトコンドリア
生殖細胞の呼吸にはミトコンドリアの働きが大切です。生殖細胞が発育するために活発な新陳代謝が絶対条件。細胞内で栄養素からエネルギーを生み出しているのは、細胞内器官のミトコンドリアです。細胞のエネルギーの元となるアデノシン三リン酸(ATP)を作ります。だが、卵子の老化のメカニズムはまだまだ解明中で、すべてがわかっているわけではありません。ミトコンドリアの機能低下と「卵子の老化」を関連付ける研究結果が報告されています。しかしながら、「卵子の老化」の詳細なメカニズムは現在のところ不明です。

 

ミトコンドリアを活性させる「ミネラルES46」。
卵子の老化の予防・防止にはミトコンドリアの機能を高めることです。「ミネラルES46」は卵子を元気して、質の向上を上げるサポートをしてくれます。サプリメントを上手に活用ください。